2007年12月07日

芝東照宮のイチョウ

芝東照宮のイチョウは、三代将軍徳川家光
が植えたものと伝えられているイチョウ(
銀杏)の巨木です。樹齢350年、樹高21.5m、
幹周は6.5mあるそうです。

 と き 12月5日(水)
 ばしょ 芝東照宮(港区芝公園4-8-10)
  都営地下鉄三田線芝公園駅からすぐ
  
神宮外苑のイチョウ並木も一番の見頃との
ニュースもあり、当然ここのイチョウも黄
色く色づき、近くの東京タワーと高さを競
い合っていることと思って行きましたら、
何とまだ色づき始めたところでした。
齢をとると活動が鈍くなるのでしょうか、
12月中旬頃が見頃と思われます。
写真をクリックすると拡大します)

1207-1黄葉・芝東照宮 018.jpg


1207-2黄葉・芝東照宮 010.jpg


1207-3黄葉・芝東照宮 004.jpg
posted by 彩花人 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

麻布善福寺のイチョウ

東京には、巨樹・巨木が多いとのこと、巨
木のイチョウの黄葉を見たいと思い立ち、
品川区の大井まで足をはこびました。
樹齢800年の光福寺のイチョウは、残念な
がらまだ色づいていませんでしたが、樹
高30m幹周6.4mの偉容を見るだけで満足
でした。
とはいえ、残念なので帰途この木と兄弟と
言われる麻布の光福寺のイチョウ(銀杏・
公孫樹)を訪ねてみました。

 と き 12月1日(土)
 ばしょ 麻布善福寺(港区元麻布1-6-21)
  東京メトロ南北線または都営大江戸線
  「麻布十番駅」から徒歩10分

おびただしい気根により木が逆さまに見え
るところから「逆さイチョウ」と名付けら
れたこの巨木は、樹齢750年高さこそ20m
と光福寺のイチョウに劣りますが、幹周は
10.4mと圧倒的で、繁茂面積も広く都区内
随一といっても過言でないと思われます。
黄葉も真っ盛りで、遠くからでも存在感を
示し、雲を突く偉容に感嘆しました。
写真をクリックすると拡大します)

1203-1黄葉・善福寺 344.jpg


1203-2黄葉・善福寺 246.jpg


1203-3黄葉・善福寺 281.jpg


1203-4黄葉・善福寺 279.jpg
posted by 彩花人 at 13:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。